Processing...

Processing...

藍愛プロジェクト前哨戦

神田街パス 2020 秋用のスペースです!
Reload page to view new updates

Locations

Featured User Content

Popular NO.2

到着!

7 months ago
0

Comment

🙏🙏

7 months ago
0

Comment

出世不動尊

7 months ago
0

Comment

Kakkoi

7 months ago
0

Comment

Oishikatta!

7 months ago
0

Comment

かたな!

7 months ago
0

Comment

Popular NO.3

綿茶??笑

7 months ago
0

Comment

玄関オリーブ

7 months ago
0

Comment

紅葉はじまる

7 months ago
1

Comment

User images

Contents

豊島屋ビル

7 months ago

〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目13−1 www.toshimayabuilding.com +81 3-5283-1871 酒屋さんだからこその入り口です。

View more

縁庵

2 months ago

湯島にあるギャラリーです。

View more

Popular NO.1

〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目13−1 rita-shop.business.site +81 3-5577-3289 豊島屋は慶長元年(1596年)に神田にて創業した都内最古の老舗酒舗(現:豊島屋本店)。 こちらはその豊島屋グループ東京東村山にて日本酒・みりんを醸造する豊島屋酒造のアンテナショップ。看板商品である「利他」はオンライン販売を行わず、神田限定販売の日本酒として全国にファンがいます。

View more

Popular NO.3

〒101-0047 東京都千代田区内神田3丁目6−2 アーバンネット神田ビル kanda-c.jp +81 3-5209-2880 神田駅南口すぐにあるオフィスビル。1階には飲食店が入っています。 こちらのおしゃれなグリーンは、まるで外国にきたかのようです。

View more

〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町5−13 江戸時代の牢屋「伝馬町牢屋敷跡」である「十思公園」内にあります

View more

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目5 かつて江戸の神田には、お玉ヶ池という池があった。その規模はなんと、上野の不忍池よりも大きかったとわれている。

View more

お玉ヶ池跡

7 months ago

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目5−5 その昔、お玉ヶ池のほとりにあった茶屋の娘お玉は、いずれ劣らぬ二人の男性に言い寄られ、思い余って池に身を投げてしまいました。お玉を哀れんだ人々は、亡骸を池のほとりに埋め、お玉稲荷を祀ったのだといいます。近くには「お玉ヶ池種痘所」の標柱があり、この地は幕府の勘定奉行を務めた川路聖謨(かわじとしあきら)の拝領屋敷跡で、屋敷を借り受けた伊東玄朴ら蘭方医たちが、安政5年(1859)5月に種痘所を開設しました。東京大学医学部の前身とされます。

View more

神田北乗物町

7 months ago

〒101-0036 東京都千代田区神田北乗物町7−番地 KSビル 1階 enaspiration.com 駕籠(かご)をつくる職人が多く住んでいたという説のほかに、祭りが盛んで、江戸の二大祭りの山王祭(さんのうまつり)と並び称される神田祭(かんだまつり)の際にかつぐ神輿(みこし)をつくる職人が住んでいた、駕籠をかつぐ人が多く住んでいたという説や、馬具をつくる職人が住んでいたなどで、いずれの説も江戸の庶民の生活に密着した江戸の時代を感じます。(諸説あり・千代田区ホームページ)

View more

神田東紺屋町

7 months ago

41 Kanda Konyacho, Chiyoda City, Tokyo 101-0035 www.shinkin.co.jp この界隈は慶長年間(1596-1615年)、家康から軍功として関東一円の紺の買い付けを許されていた紺屋頭土屋五郎右衛門が支配していた町。町には五郎右衛門の配下の染物職人が多勢住んでおり、いつしか「紺屋町」と呼ばれるようになった。江戸を代表する藍染の浴衣と手ぬぐいの大半は紺屋町一帯の染物屋でそめられた。『場違い』という言葉は、ここ紺屋町以外で染められた染物のことを意味していたのがそもそもの語源と言う。(出展「時空を超えて~歴史と地図」)

View more

Popular NO.2

〒101-0047 東京都千代田区内神田3丁目13−3 あたり 神田下水近くにあるビワの大木 6月頃来てみよう・・・笑

View more

神田下水

7 months ago

〒101-0047 東京都千代田区内神田3丁目14 Unnamed Road, 3丁目-14 www.kanko-chiyoda.jp 東京の中心部JR神田駅付近の地下には、1884~1885年に建設された下水道の一部(614m)がいまも現役で使われている。 明治15年、死者5000人を越えるコレラが神田・芝などの地域で発生した。明治政府は東京府に対して下水道の整備を促し、神田駅周辺とその東側を整備した。この時に建設されたのが東京で最初の近代下水道「神田下水」である。

View more

佐竹稲荷神社

7 months ago

〒101-0047 東京都千代田区内神田3丁目9−6 寛永12年秋田佐竹藩江戸屋敷鬼門除けのため、稲荷(宇迦之御魂神)を勧誘建立したのが始まりと伝えられている。天保2年の大火で屋敷が移転し町屋となり社殿は町人たちにより再建され、火伏の守護神として信仰されてきた。戦災の被害で全焼。昭和30年総檜御霊屋造の本殿復興。

View more

〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目5−14 +81 3-5211-4243 内神田に永い間お住まいだった尾嶋實・翠ご夫妻のご厚意により、千代田区へ寄贈された土地に開園した公園です。 オフィスのビジネスマンの憩いのひととき。。。

View more

御宿稲荷神社

7 months ago

〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目6 御宿稲荷神社は、徳川家康が御宿した(立寄った)郷士宅に宇迦之魂命が祀られていたことから、御宿稲荷と称されるようになったといいます。 ビルに囲まれてひっそりと。。。

View more

内神田のとある看板下の盆栽。手入れの行き届いた逸品

View more

東京都千代田区内神田2丁目9 神田駅西口通り 元絵の右側にある藍染めの柄は、広重の創作。「魚」の文字は江戸百景の版元である下谷の魚屋栄吉(ととや・えいきち)の印、ひし形の紋はカタカナの「ヒロ」をかたどった広重自身の替紋(かえもん)だ。粋な反物に、版元と自分の宣伝を埋め込んであるという粋な演出である。 反物を晒した光景は明治以降も続き、神田育ちの友人の話では、昭和40年代中頃まで見られたという。しかし、現在の紺屋町を訪ねると、大小のビルが建ち並び、染物屋らしき家も反物も全く見当たらない。昭和通りにある紺屋町交差点付近から富士山の方角を眺めたとき、大きなビルの工事用養生シートが風で畝(うね)っていた。これを反物に見立てて撮影し、作品とした。浮世写真家 喜千也 「名所江戸百景」より

View more

お茶の一条

7 months ago

〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目10−4 +81 3-3291-6142 お茶の一条/神田にある日本茶をはじめとしたお茶の専門店・・・の壁面?緑地。まるでおとぎの国のよう。。。

View more

5階屋上 〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目10−8 www.hagoromo.com +81 3-6672-5615 主体性を持ち、やりがいを感じながら情熱的に仕事をすることで、お取引先様の幸福にも寄与し、同時に社員の幸福度も上げるという好循環を生み出すことを目指しています、社員幸福度、ブータンを超えろ!の(株)ハゴロモはカレンダーの出版制作製造流通、イベント企画、店舗サポートなど多岐にわたるビジネスを展開しています。 2018年よりハゴロモビル屋上にて、屋上菜園を開始し地域の親子が1年かけて、エディブルスクールを体験。現在神田の街を緑と人とのつながりで、いっぱいにするための拠点として準備中。かつて神田に染め物が流通したように、【神田藍】を育て流通させるプロジェクトを妄想しています。

View more